ハウジング・トリビューンVol.508(2016年2号)

ハウジング・トリビューンVol.508(2016年2号)

一億総活躍社会の実現で脚光
今、気になる"近居"

目次

価格 1,200円(税別)

ハウジング・トリビューン年間定期購読

価格 24,000円(税別)
ハウジング・トリビューン年間購読申込書(PDF)
※いったん納入されました購読料は、中途解約の場合でもお返しいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

親世帯と子世帯が適度な距離を保ちながら助け合って暮らす"近居"という居住スタイルにスポットライトが当たっている。

安倍政権も「一億総活躍社会」の実現に向け、「新・三本の矢」のひとつに子育て支援をあげ、世代間の助け合いにより子育てしやすい環境を整備するため、三世代同居とともに、近居を促進することを強く打ち出した。

近居には様々なメリットがあり、子育てや高齢化、災害といった社会問題を解決する糸口になる可能性もある。

住宅業界にとって、近居が住まいやまちづくりを行ううえで重要なキーワードになりそうだ。

WEB BOOK SHOP
プレミアム住宅建材 2016年度版
単行本FAX申込用紙
公共住宅シリーズFAX申込書

HTご購読者ページ
ヒト・モノ・コト物語出版のススメ

書籍・会報誌制作のご案内