ハウジング・トリビューンVol.502(2015年19号)

ハウジング・トリビューンVol.502(2015年19号)

防災住宅のさらに先へ
避難所になる住まいをつくる

目次

価格 1,200円(税別)

ハウジング・トリビューン年間定期購読

価格 24,000円(税別)
ハウジング・トリビューン年間購読申込書(PDF)
※いったん納入されました購読料は、中途解約の場合でもお返しいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

地震や大型台風、ゲリラ豪雨、竜巻、大雪など様々な自然災害が、わが国をおそい、甚大な被害をもたらしている。
こうしたなか、住まいのシェルターとしての機能が改めて見直されてきている。

住宅事業者などが災害対策を積極的に進めたことで、住まいの災害対応力は着実に向上してきているが、ここにきて防災住宅を次のステップへと進めようという動きも出てきている。

災害後に住まいでの暮らしを維持するためのハード・ソフトを備えておくことで、「避難所になる住まい」を実現しようという提案が表面化してきているのだ。

災害後に住まいでの自立生活を可能にするには、どのようなハード・ソフトが必要なのだろうか。
「エネルギー」「飲料水」「食料」「トイレ」といったカテゴリー別に考えていく。

WEB BOOK SHOP
プレミアム住宅建材 2015年度版
単行本FAX申込用紙
公共住宅シリーズFAX申込書

HTご購読者ページ

書籍・会報誌制作のご案内