特集 IoT住宅をめぐる7つの論点 進化する対応デバイス

(2017.08.16)

住宅内でネットにつながるモノが拡大
ひとつのアプリで住宅全体を一括制御も

住宅内の様々なモノが加速度的にネットにつながるようになってきている。これまでは機器ひとつに対して、ひとつの制御アプリが必要という課題もあったが、次第に状況は変わってきており、住宅のIoT化は次のステップに入ろうとしている。

IoT機器は500億台に個別にスマホとつながる機器も
2020年までに、ネットに接続されるモノ(IoT機器)は約500億台になるとみられている。工場や自動車などの分野でネットにつながる機器が増えてきているが、住宅内でも様々なモノがネットにつながるようになってきている。

例えば、鍵、防犯カメラ、ドアホン、照明、エアコン、電子レンジ、冷蔵庫、ベッド、窓、シャッター、エネファーム、蓄電池などがネットにつながってきており、スマートフォンで遠隔から制御などできるようになってきている。

つづきを読む(ジー・サーチ ミッケ!で購入)

WEB BOOK SHOP
HTご購読者ページ
ヒト・モノ・コト物語出版のススメ

書籍・会報誌制作のご案内