梅雨明けとともに、猛暑の連続・・・
毎年恒例の「打ち水大作戦2015」が7月23日からスタートします。
打ち水で真夏の気温を2度下げよう――という呼びかけとともに2003年から始まった市民運動です。
8月23日までの期間中、さまざまな施設・オフィス・家庭で
二次利用水による打ち水が行われる予定です。

"打ち水"は、茶道においてお客様を迎え入れる時に行っていた、
清めの文化としての水まきが一般化した―などその起源には諸説あるようですが、
庶民に広がったのは江戸時代中期のようです。
気づけば、夏に涼をとる一般的な方法となっています。

研究者のシミュレーションによれば、100万人が同じ時間にいっせいに打ち水をすれば、
灼熱の東京の気温を2℃は下げられるとのこと。「打ち水大作戦」は東京から全国に広がり、
毎年推定400万人以上が参加しているそうですから、その効果はいかほどでしょうか。

朝夕の涼しい時間に、バケツから水を撒く...
それだけで何か涼しく感じるのは日本人のDNAがなせる技かもしれません。
もしかすると、滞留してうだる空気を"清める"行為が清々しさを感じるのかもしれません。

最後に打ち水のポイントを。
1. 朝晩の涼しい時間帯に行う。
2.日向よりは日陰や風通しの良い場所で行う。

なお「打ち水大作戦」では「水道水はご法度」とし、
お風呂の残り湯や水洗いに使った水、雨水や川の水など二次利用水を使うことを薦めています。

「打ち水大作戦」の詳細は、ホームページ(http://uchimizu.jp/)から。


2015/7/23 スマカチ総合研究所のコラムを転載しています。

ポラスグループの中央住宅は、千葉県松戸市で学校跡地を住宅地にするプロジェクト
「オランジェ新松戸99」に取り組んでいます。
廃校になった新松戸北小学校と新松戸北中学校の跡地の一部に全99戸の分譲住宅を供給しようというものです。
学校跡地の有効活用という点でも注目できるプロジェクトですが、
コミュニティ形成に向けた取り組みという点でも特徴的な取り組みを実施しています。

分譲から2年間は同社が無償でワークショップなどを開催し、
住民間のコミュニティ形成を促そうとしているのです。
ポラスグループでは、コミュニティを重要視した街づくりを推進しており、
これまでも同様の取り組みを行ってきました。

なぜ、ポラスグループはコミュニティを重要視しているのか。
それは、コミュニティを住環境の価値を形成する重要な要素だと考えているからなのです。

つづきを読む

2015/7/10 住まい価値総合研究所のコラムを更新しています。

近年、住宅取得に際して新築にこだわらない層が増えています。
中古住宅を購入し、好みにリフォームして暮らす―そんな賢い選択をする人が増えているのです。
とは言っても、ハズレの中古住宅は避けたいもの。そこで重要になるのが"情報"です。

中古住宅や土地に関する情報は、不動産情報ネットワーク「レインズ」を通して流通しています。
ここには成約価格や成約時の間取りといった中古住宅の基本的な情報が集められていますが、
中古住宅を買う時に気になるのは、そうした物件情報だけではないですよね。

例えば、小さなお子さんがいるならば周辺の学校などに関する情報は欲しいでしょうし
、地震が起こった時に液状化しないかと心配な方もいるでしょう。
住宅購入は、決して建物の情報だけにとどまらないのです。


つづきを読む

2015/7/8 住まい価値総合研究所 コラムを転載しています。

明らかに人が住んでおらず、朽ち果てて今にも崩れそうな家―そんな家を時々目にします。
何か近づきたくない光景ですよね。

それでも持ち主はいるはず・・・

こうした危険で衛生上も問題がある空き家の持ち主に対し、
自治体が修繕などの命令が出せるようになり、
場合によって行政代執行と呼ばれる制度により取り壊すことも可能となりました。

5月26日、空き家の適切な管理や利活用の促進策などを盛り込む
「空家等対策の推進に関する特別措置法」(以下、空家対策特措法)が全面施行となりました。

この法律には、特に周辺環境に悪影響を与える「特定空家」への対策が盛り込まれ、
市町村が「特定空家」に対して一定の措置を講じることができるようになりました。

具体的には、市町村は「特定空家」に対し、修繕、立木竹の伐採等の措置の助言
または指導、勧告、命令ができるようになります。
命令に従わない者には50万円以下の罰金が科せられます。
更にこの次の段階として、市町村は行政代執行により特定空家の除去を行えるようになったのです。

それでは、どういった空き家が「特定空家」と判断されるのでしょうか。


つづきを読む

2015/7/1 住まい価値総合研究所のコラムを転載しています。

共働きの増加など社会的な変化を背景に、家の中の暮らし方が変わり、
求められる機能や性能も変わってきました。
さらに安心や安全、健康など暮らしにかかわるキーワードがクローズアップされるなかで、
住宅の性能や機能に対する女性の関心も深まっています.
こうしたなか、女性は住まいや住生活に対してどのようなニーズを持っているか、
どのような理想の暮らしを描いているのかを探りました。

宝くじ当選金5000万円」の使い途は、「貯金」、「旅行」、「住宅」の順に高い割合となりました。
このうち「住宅」と答えた方を年代別にみると、50代以上の方の投資意欲が高くなっています。
また、平均金額は1639.6万円。年代別にみると、30代以下が最も高く、次に60代以上が続いています。
60代以上は投資意欲、金額ともに高いという結果となりました。

つづきを読む

2015/6/25 住まい価値総合研究所のコラムを転載しています。

<<前ページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  
WEB BOOK SHOP
プレミアム住宅建材 2016年度版
HTご購読者ページ
ヒト・モノ・コト物語出版のススメ

書籍・会報誌制作のご案内