一般的な家庭で一生のうち洗濯作業に費やす時間は約1万8000時間。
そのうちの半分9000時間(375日)は洗濯物を畳み・分配し・運んでいる時間に該当するそうです。
もし、洗濯がオール自動化されれば、この9000時間(375日)を、
人生に新たに創出することができるということになりますが、近い将来実現する日が来そうです。

ベンチャー企業のseven dreamers laboratories
(東京都港区・阪根信一社長・以下、セブンドリーマーズ)はパナソニック、大和ハウス工業と
世界初の全自動洗濯物折り畳み機「laundroid(ランドロイド)」の共同開発を開始しました。
2017年度には出荷開始する予定です。

続きを読む

2015/11/12 住まい価値総合研究所のコラムを転載しています。

ホームセキュリティというと、「お金持ちがつける設備」
と思われている方も多いのではないでしょうか。

大手メーカーが提供するホームセキュリティは、
初期費用が数十万円、月額費用も数千円かかるものが一般的です。

しかし、防犯・治安に対する意識が高まるなか、
低価格なホームセキュリティが登場、導入のハードルが低くなりつつあります。


つづきを読む

2015/10/27 住まい価値総合研究所のコラムを転載しています。

街の魅力とは何でしょうか?

これまでにも街の魅力度をさぐるさまざまな調査が行われてきましたが、
それらの多くが「公共・福祉施設の充実度」や「自治体の財政力」といった機能性、
合理性、市場性などを指標としてきました。

しかし、街の魅力とは、それらのキーワードだけで測れるものなのでしょうか?

ネクスト(東京都港区、井上高志社長)の社内シンクタンク「HOME'S総研」は、
そうした疑問から、新たな指標に基づく「センシュアス・シティ・ランキング」を発表しました。
これは「共同体に帰属している」「匿名性がある」「ロマンスがある」「機会がある」「食文化が豊か」
「街を感じる」「自然を感じる」「歩ける」という8つの指標に基づく街のランキングです。

その結果は―トップは文京区。以下20位までは、大阪市北区、武蔵野市、目黒区、大阪市西区、
台東区、大阪市中央区、金沢市、品川区、港区、千代田区、静岡市、
横浜市保土ヶ谷区、盛岡市、渋谷区、荒川区、福岡市、仙台市、那覇市、大阪市都島区と続きます。

このなかで注目したいのは、従来のランキングでは上位に入ってこない文京区(1位)や、
台東区(6位)、荒川区(16位)といった下町がランクインしてきたことです。
また、地方都市では、金沢市(8位)、盛岡市(14位)、静岡市(12位)、
福岡市(17位)等が上位にランクイン。

これらの街は総じて8つの指標の偏差値のバランス良いことに加え、
「食文化が豊か」の点数が高いという特徴が出ています。
魅力ある地方都市には豊かな食文化があるということなのでしょう。
センシュアス度が高い街ほど、多種多様な飲食店があり、
ショッピングモールではなく商店街やセレクトショップが多く、文化的な施設が多いという結果となっています。

また、コンパクトであり、単身者、外国人、性的マイノリティといった多種多様な人にとって
暮らしやすい環境であることも結果に現れています。

センシュアス度が上位の都市になるほど、居住エリアの満足度・幸福実現度が高いと言う結果も出ています。
幸福であるということは、街の魅力を測る重要なキーワードといって良いでしょう。

新居・転居を考えている方は、一度、センシュアス度から考えてみてはいかがでしょうか。


2015/10/14 住まい価値総合研究所 

予測する防犯

(2015.10.08)

茨城セキスイハイムでは、自社で販売する賃貸住宅について
「予測する防犯」仕様を標準採用しています。

「予測する防犯」とはどういうものなのでしょうか。

通常のホームセキュリティの場合、何らかの異常を感知してから対処するのが一般的です。
同社の提案する「予測する防犯」とは、そもそも泥棒に狙われ難い状況を創造しようというものです。


つづきを読む

住まい価値総合研究所コラムを転載しています。

戸建て住宅は平屋か2階建て...そんな時代はとうに過ぎ、
都市部などでは3階建て住宅が珍しくはありません。

しかし、今、4階建てや5階建て、さらには7階建てといった戸建て住宅が登場しています。

こうした多層階住宅が注目される背景の一つに、相続税の改正があります。

今年1月の相続税改正で基礎控除額が引き下げられ、
課税対象者は従来の4%から6%程度にまで増えると言われています。

とくに地価の高い都市部に土地や持家を所有している人に相続税が発生する可能性が高まりました。
そのため、課税対象額の減額が見込める賃貸や店舗・事務所併用住宅で資産活用を
検討しようという人が増えているのです。


つづきを読む

2015/10/2 住まい価値総合研究所のコラムを転載しています。

<<前ページ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  
WEB BOOK SHOP
プレミアム住宅建材 2015年度版
HTご購読者ページ

書籍・会報誌制作のご案内